ご出産について

「森重助産院」は初代から川崎区の地域に深く根づいてお産のお手伝いをしてまいりました。
初代・2代目・わたくし3代目の現在に至るまで約8700人のうぶ声を聞いてきました。
親子3代にわたって当助産院でお産をされた方々もいらっしゃいます。
妊婦健診:月曜~土曜 午後1時半~4時半
(午前中ご希望の方は当日の午前9時以降にお電話ください。)
分娩予約や初めて当院を受診される場合は、お電話またはメールにてお問い合せください。

また、以下に当てはまる方は、助産院での分娩をすることができません。
・双子、三つ子の妊娠
・帝王切開をしたことがある
・合併症がある(喘息、甲状腺機能異常など)
・感染症がある(B型肝炎、C型肝炎、HIVなど)
・子宮筋腫、または子宮に異常がある
・子宮の手術をしたことがある
・血液型がRh(-)や不規則抗体(+)である。
・前置胎盤といわれている
・胎児に異常がある(胎児発育遅延、奇形など)
・妊娠経過に異常がある(高血圧、高血糖など)
・羊水に異常がある(羊水が多い、少ないなど)
・逆子(骨盤位)がなおらない(30週以降)

その他以下のような場合は、嘱託医と相談しながら分娩場所を決定します。
・高年初産(35歳以上)の場合
・前回の妊娠・出産・で異常があった(早産、胎児異常、出血多量など順調でなかった場合)
・今回の妊娠経過中に貧血やその他の異常を指摘されている場合
・不妊治療による妊娠
・喘息の既往がある
・精神疾患の既往がある
・肥満である

料金について

妊婦健診 初診 6,000円 / 再診 4,000円~6,000円
1ヶ月健診 母子共4,000円
分娩監視装置(NST)使用料 1,000円
超音波(エコー)施行料 2,000円~4,000円
入院分娩(4泊5日) 470,000円~
但し夜間や休日の分娩料金・分娩管理料金は2割増しです。
他薬剤使用(収縮剤)情報提供書などは別途料金かかります。
産科医療補償費と胎盤処理料含む

妊婦健診スケジュール

受診場所 受診内容
5~6週以降 初診 助産院 入院案内説明・太田総合病院紹介状お渡し 分娩同意書
9週以降 太田総合病院 予定日決定・初期検査
24週 太田総合病院 貧血検査・血糖値検査(50gGCT)等・超音波検査
26週 太田総合病院 検査結果説明及び妊婦健診・超音波検査
28週 助産院
30週 助産院
32週 助産院
34週 助産院
35週 太田総合病院 貧血検査・超音波検査・GBS検査
36週 太田総合病院 検査結果説明及び妊婦健診・超音波検査
37週 助産院 NST検査(分娩監視装置をつけて赤ちゃんの状態を診ます)
38週 助産院
39週 助産院
40週 助産院

予定日過ぎたら基本的に毎日NST検査

41週 太田総合病院

出産育児一時金直接支払い制度を扱っています。
【手続きは当院にて行います。30週頃に保険証のコピーをご持参下さい。】
内金10万円 30週頃にお支払いください。
川﨑市・横浜市妊婦健康診査費用補助券の利用ができます。
産科医療補償制度の加入をしています。(分娩費用に含む)

Copyright(c) 2019 Morishige Midwifery center All Rights Reserved.